■ 社会保険労務士とは・・・

 社会保険労務士制度は、企業の需要に応え、労働社会保険関係の法令に精通し、適切な労務管理その他労働社会保険に関する指導を行い得る専門家の制度です。

 この制度は、労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図り、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上を目的とした社会保険労務士法(昭和43年6月3日法律第89号)により定められています。

 社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者をいいます。


■ 社会保険労務士の仕事・・・

 社会保険労務士は、採用から退職までの人事全般の相談、就業規則と賃金・退職金規程の作成、企業の中で、従業員の福利厚生から労働災害の防止対策までの相談指導、健康保険をはじめとして厚生年金保険、労災保険、雇用保険のすべての事務代理または代行を行います。


   手続関係

  • 労働・社会保険の適用
  • 労働保険の年度更新
  • 社会保険の算定基礎
  • 労災保険の特別加入

   保険給付・申請関係

  • 労働保険の給付
  • 医療・年金給付の請求
  • 雇用関係給付金
  • 奨励金の申請

   労使関係

  • 個別労使紛争の事前防止や解決
  • 紛争調整委員会におけるあっせん代理
  • 雇用関係給付金
  • 奨励金の申請

   就業規則の作成・変更

  • 労働問題
  • 福利厚生の関係
  • 賃金・退職金制度の整備

   労働安全・衛生関係

  • 安全管理の対策
  • 衛生管理の対策

   給与計算事務

  • 賃金台帳等の調製
  • 労務診断等
  • 雇用・人事・賃金・労働時間の相談